リフォームを繰り返さなくてもよいように

リフォームをした後に、日本で震災が多発するようになり、耐震構造について世間で話題になってしまいました。

知り合いの建築関係の方に見てもらったところ、1階の和室は震度7では危ないと言われました。最初のリフォームの際は震度7レベルまでは視野に入れていなかったので、新たに追加費用がかかるのは負担が大きいと思っています。

リフォームでは70万円程度かかるそうですので、新たにそれだけ追加費用をかけるのは負担が大きいと躊躇しています。

耐震構造が危ない和室は、家族が寝室として使っているため、天蓋付きのベッドにするか、使用する部屋を変えるなどして対応しようかと検討しています。ただ、日当たりや間取りはその和室が最適ですし、荷物の入れ替えなどの手間もかかるので、悩みは解決できずにずるずるとその和室を使用し続けてしまっています。

リフォームする際は、話題になっていなくても天災対策を視野に入れて見積りをとったほうが良いと思います。

PR|戸建て住宅をリノベーション|